看護師の間で人気が高い職場として、皮膚科が挙げられます。
皮膚科は、アトピー性皮膚炎をはじめ、水虫や皮膚がんといった皮膚に関する疾病の診察・治療を専門的に行う診療科目です。
看護師の主な仕事は、医師の指示に従って患者を部屋に案内したり、処方された薬の使用方法や病状を患者に詳しく説明したりすることです。
さらに、施術の際の医師のサポートや採血・点滴などの看護業務、機材の準備・片付け、掃除なども行います。

皮膚科をおすすめする最大の理由が、他の職場に比べて残業が少ないことです。
通常、急患や入院中の患者が急変することがあるので、一般的な病院に務める看護師の場合は急な残業や夜勤を行うのが当たり前です。
しかし皮膚科の場合、外来患者の皮膚疾患や症状をその場で治療することが多いです。
さらに、一般病棟のように患者が入院することもほとんどないので、看護師は決まった時間に仕事を終えることができます。
そのため、プライベートの時間をきちんと確保したい方に向いている職場といえるでしょう。

さらに、皮膚科の場合、重篤な疾病を持っている患者が少ないこともおすすめできる点です。
命に関わる患者が少ないことから、それほど負担を感じず働くことができます。
どんなに看護の技術や知識があっても、重篤な患者の治療に当たる際は少なからずプレッシャーに感じるものです。
しかし、皮膚科はそのような心配がなく、精神的に安定した状態で勤務できることが大きなメリットです。